Chelsea 4 - 1 Cardiff City @ Stanford Bridge 

もう毎試合、毎試合疲れる・・・。プレミアってこんなにレベル高かったっけ?

4シーズン前よりもレベルが上がっていると思うんですが・・・。

あのときも毎回勝てそうにはなかったですが、それでもなんとかなってることもあったのに。

もう今回は全く歯が立ちませんでした。

アザール1人にやられたというよりも、決めたのがアザールだっただけです。

せっかく先制したのにね。いいプレーでしたよ。ただその後の攻撃はすさまじかったです。

で、2点目とられたまでは完全にチェルシーにボコボコにされました。

で、2点取った後のチェルシーは無理しないんです。自分たちでボールをキープして余裕の攻撃をして。

ワーノックは「後半の序盤は攻めることができていた」とはいいますがあれは手を抜いていたからでしょう。

で、そんな状況でもとどめの3点目。あのPKはいらんかったなぁ~。あそこでゲームオーバーでしたね。

85分まで2-1ならなにか起きるかもって信じていたけど、無理でした(涙)

そして4点目はワンダーゴール。もちろん先に潰していればよかったんですがね。

てなことで、今回はMatch of the Dayの分析があったのでそちらを乗っけてみました。

[ 2018/09/17 22:27 ] 2018/2019 | トラックバック(-) | コメント(-)

Cardiff City 2 - 3 Arsenal @ CCS 

負け試合の記事を書くのはつい書き忘れてしまいますね。

負けとはいえ、アーセナルに対しての敗戦ですし、なにより2点取れました(嬉)

終盤引き分けで終われそうだったんですけどね、無理でした(悲)

まぁ彼らをマークするのは現状無理だということがよくわかりました。

ということは次のチェルシー&マンシティーは・・・。

ただ今回2得点できたのはワーノックが攻撃に重きを置いたからとのこと。

昨シーズンは基本1フロントで守備固め&カウンターだったのですが、今回から2フロントに変更。

そのあたりが功を奏したようです。

とはいえ、そのせいか守備がザルになったらしょうがないわけです。

Match of the Dayでもそのあたりをケチョンケチョンにけなされていましたね(涙)

そこまでいわなくても・・・という意見も出始めています。

とりわけBBCラジオで解説をしているクリス・サットンは恨みでもあるのかというぐらい馬鹿にしすぎ。

この人、すごい選手らしいが、見始めた頃はほぼ引退状態だったのでよくわからん。たしかセルティックにいたような・・・。

そんなわけでまた勝てませんでした。多分次ぎ2つも無理そうなので、10月まで初勝利はお預けかも。

じっくり耐えてみましょう。

なおアーセナル側のダイジェストがあったのでご覧ください。

[ 2018/09/13 17:23 ] 2018/2019 | トラックバック(-) | コメント(-)

Cardiff City 1 - 3 Norwich City @ CCS ( Carabao Cup 1st Round) 

まさかのリーグカップ初戦敗退。しかもノリッヂ相手に・・・。

下部リーグ相手・・・といってもカーディフ自体がプレミアに上がったことでボロボロ状態ですから、そもそも苦手なノリッヂに勝てるわけがなかったですね(涙)

てか、今シーズンノリッヂもボロボロなんですけど(苦笑)

まぁなんとかマンガが今季チーム初ゴールを奪ってくれましたから、それを喜びましょう。

カーディフ側にハイライトはないのですが、ノリッヂのハイライトがあったので、そちらをご覧ください。

[ 2018/09/02 22:27 ] 2018/2019 | トラックバック(-) | コメント(-)

Huddersfield Town 0 - 0 Cardiff City @ Kirklees Stadium 

また無得点・・・。

しかも相手は今回もTen menだったのに・・・。

そして終盤の猛攻と、あれだけのチャンスがありながら1点もとれないとは(涙)

でも、リードもマーフィーもパタソンもなんとなくレベルがあってきた感じ。

そして何よりアーターがいい感じです。

完全にフィールド上の問題児(笑)

しかし、彼の「お騒がせ」はチームを鼓舞しているように見えますね。

唯一の昨シーズンもプレミアでプレーをしていた選手ですから、彼の奮闘は周りにもいい影響を与えているでしょうね。

しかし、ワーノックのとってくる選手はこういう気持ちが見える選手ばかりですね。

まさに「キャラクター」がある選手だらけ。

解説者にはボロカスにいわれていますが、これだけ必死に戦っているチームですから、心が折れなければいつか結果が出てくるはず。

それはオーナーのヴィンセント・タンとサポーターも一緒でしょうね。

ワーノックでだめなら仕方がないので、最後まで応援しようって感じかな。

次のリーグカップのノリッヂ戦でいい波を作ってほしいですね。
[ 2018/08/27 22:23 ] 2018/2019 | トラックバック(-) | コメント(-)

Cardiff City 0 - 0 Newcastle United @ CCS 

1ポイントが取れました!!

今シーズンは「最少記録で降格」と予想されているカーディフだけに、それを覆すためにもあと10ポイント必要ですが(苦笑)、とりあえず引き分けでも喜ぶべきなんでしょう。

しかし相手は70分ごろに10人に減っていただけに残念。

しかも延長5分にモリソンのハンドボールでPKを与えてあわや負けるところでしたが、今回もエスリッジがPKを防ぐという離れ業。

2試合連続ですよ。

もちろん、いろんな方が「今日のケネディはひどかったのに、なぜ蹴らせたんだ!!」と蹴った方を批判していますが、

いや、止めた方を褒めようよ!!

2試合連続ですよ。連続。

今シーズンは彼のおかげでいろいろと救われそうです。

で、この試合をDAZNで見ていたのですが、中継がなぜか日本語。

しかも序盤はカーディフシティとはどういうチームかという説明ばかり。

そんなもんこのブログを読めばわかるのに・・・と思いながら試合を見ていました。

こんな中継が今後も続くといやだなぁ・・・と思っていたら、

そうや、ニューカッスルには武藤が入ったんや・・・。

日本人選手がいるチームの時は解説があるんですね。これは残念。

せっかく英語でぼろかすにけなされていたのに・・・(悔)

なおカーディフは未だにプレミアに適応できていませんが、それでも新戦力のアーター、カマラサ、マーフィーのおかげでチャンスメークができていました。

あとはゾホがゴールを決めるだけです。

2度もフリーになりながらもまともなシュートができませんでしたね。

でも2回もフリーになれるのです。なんとかするでしょう。

次のハダーズフィールドで点が取れたら爆発するかもね。

ちなみに武藤はかなりガンガンいってましたが、ファールをしただけ。しかもドリブルするメンデスラングに速度で負けておりました・・・。

そんなわけで2試合で1ポイント。まずは10点を超えるように頑張りましょう!!

ダイジェストがないので、試合後のインタビュー集です。
[ 2018/08/20 18:35 ] 2018/2019 | トラックバック(-) | コメント(-)